読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いかたけの備忘録

忘れっぽい

北海道旅行の記録

発端

研究室のラストミーティングで「春休みなんで、旅行とか行きたいんですけど、おすすめの場所ないですか?国内で」と先生に聞いてみたところ「北海道行ってみたら」と言われた。
「まあ、行ったことないし、行ってみるか。サムイの苦手だけど3月も下旬になったら少しは温いだろうし」と思い、行くことにした。

  • 日程:3/22〜3/23の1泊2日(朝一の飛行機で新千歳に行き、最後の便で帰ってくる)

3/22(月)の記録

最初にこける

楽天でANAのチケットとホテルが予約出来るサービスが有ったのでそれを使うことに。
ここで、何を間違えたか一番近い空港である神戸空港ではなく関空発のチケットを取ってしまう(たぶん、神戸空港発はいっぱいだったんだと思う)。
朝一なので、電車で行けないことがわかり、姫路駅からのリムジンバスで関空行くことに。

フライト

SKIPとかいうサービスのおかげで楽に手続きが終わる。
無理やり1つのカバンで来たのですごく楽でした。
修学旅行で飛行機には乗ったことがあったけれども、搭乗手続きとかは初めてだったのでそれなりに緊張した。
非常口の近くの席をとったので、CAのおねーさんに「ガチでやばくなったら手伝えよ」とガン見されたりした。
2時間で北海道に行けるとかすごい

北の大地の洗礼を受ける

新千歳空港についたのがだいたい10時頃で、11時頃に札幌駅に到着。
すげー吹雪でした。
吹雪の中を散策。
札幌は都会だということがわかりました。駅の近くに自作PCショップが2つもある。
寒くてどうにもならないので、ラーメン屋で味噌ラーメンくったりした。

札幌市内散策

札幌駅の観光案内所でもらった地図を頼りに、時計台、赤レンガを見学。
時計台は時計を動作させる仕組みが複雑で何がなにやら。
このあたりで気づいたのが、交差点の名前がわかりやすい。区画も碁盤の目になってるし。
それだけわかりやすくても、方向音痴なので迷いましたが。

北大

北大には入場無料の博物館があるらしいので行ってみることにした。
北大はすげー広かったです。普通に迷う。
あと路上に「ジンギスカンしたらちゃんと片付けてね」っていう立て看板がある。ジンギスカンするのは自由らしい。
博物館の展示内容も充実してました。
フンコロガシTシャツを買ったりした。

サッポロビール

ビール園のビールとジンギスカンがうまいらしいので行くことにした。
まずビール博物館へ。
ガイド付きで回ったのですが、ガイドのおねーさんとマンツーでした。
その後はジンギスカン。食べ放題というチョイスは失敗だったかもしれなかったが、「ウォォン、俺は人間火力発電所だ」などと言いつつ食べる。
一緒に注文したサッポロクラシックも美味しかった。
おみやげのビールが重いので、ビール園のそばのユニクロに行ってリュックサックを買う。店員さんが気を効かせてくれて、すぐに使える状態で渡してくれました。

ホテル

一日中歩いて疲れたので、バスにのってホテルへ向かう。
LANケーブルを借りて翌日に行くところの時刻表を調べたり、26(金)の飲み会の予約したりしました。
パソコン持ってきてよかった。
7時15分に札幌駅発の電車で余市に向かおうと決めて22時頃に就寝。

3/23(火)の記録

ホテル

朝5時半頃に起床。
部屋中に荷物を散乱させていたので、片付ける。
で、鍵がない。
そして時間がなくなる。
落ち着くためにいったん朝飯を食べに行く。
落とした場所を考えよう。ビール博物館のロッカーの鍵を出したときに、確認したから大丈夫。
落としたとしたらビール園(ジンギスカン食ったところ)以降か…
で、部屋に戻って調べてみたらありました\(^o^)/

札幌駅から余市へ向かう

むっさ雪の中を電車が進む。
雪景色とか慣れてないので「これ帰れるのかな…」と思う。
余市駅に8時半頃着。
行った場所はhttp://www.nikka.com/reason/introduction/yoichi/index.html: ニッカウヰスキー 余市蒸留所
見学は9時からでしたが10分前には中に入れて貰いました。
こちらもガイド付の見学をお願いしました。
札幌から来た知らないおじさんと一緒に見学。
見学の最後は試飲で、とても自費では買えないような17年もののウイスキーとアップルワインを飲みました。

再び札幌駅へ

とりあえず飯でも食べるかということで札幌駅のビルの中を散策。
魚がたべたいなあと思ったので、回転寿司屋へ行く。満員。
落ち着け、俺は腹が減っているだけなんだ。
結局デパ地下みたいなところで、海鮮丼弁当を買って食べる。

苫小牧へ

初日に札幌駅の観光案内所で貰ったパンフレットで、http://www.city.tomakomai.hokkaido.jp/kagaku/:苫小牧市科学センターにロシアの宇宙ステーションがあるとのことだったので見に行くことに。
初日の夜にホテルで予約した居酒屋から連絡がある。
なんで苫小牧にロシアの宇宙ステーションがあるのかなと気になっていたのですが、ミール展示館のおじさんに聞いたところでは

  • ここに置いてあるのは予備機で、宇宙に行った方がやばくなったときに使うものだった。
  • でも宇宙に要った方のミールも使わなくなった
  • そしてソ連崩壊
  • 外貨の欲しいロシアが売却→バブルでノリノリの日本の企業が買い取る
  • 苫小牧に寄付

という流れらしいです。あと、こっちも参照http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%AB#.E3.83.9F.E3.83.BC.E3.83.AB.E4.BA.88.E5.82.99.E6.A9.9F:wikipedia
展示館のおじさんと「あした卒業式なんですよ」「このご時世に就職できて良かったねえ」みたいな話をする。

新千歳空港へ

苫小牧を出て新千歳空港へ向かう。
やっぱりSKIPのおかげですごい楽。
あと、なんか白い恋人が食べたくなったので買う。

神戸空港へ

帰りは気流がすごく乱れてました。
揺れる揺れる。
20時頃に神戸空港に着いて、脇目もふらずに帰宅。

お疲れさまでした

ついったーで、ちょいちょい絡んでくれた人ありがとうございました。