読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いかたけの備忘録

忘れっぽい

名古屋ボストン美術館に行った。

 

 

 

色々とあって、3連休の中日に、名古屋に行った。中日は「なかび」であって「ちゅうにち」では無い。名古屋であっても。

名古屋でどこに行こうかと思い、名古屋ボストン美術館ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞」を見に行った。

www.nagoya-boston.or.jp

http://www.nagoya-boston.or.jp/upload/%E3%80%8C%E4%BF%BA%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%AE%E5%9B%BD%E8%8A%B3%E3%82%8F%E3%81%9F%E3%81%97%E3%81%AE%E5%9B%BD%E8%B2%9E%E3%80%8D%E5%B1%95%E3%83%9D%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%EF%BC%88%E5%9B%BD%E8%8A%B3%EF%BC%89.jpg

こういうポスターを見て、行ったので、骸骨オンパレードといった感じかと思いきや、そうでもなかった。内容としては、歌川国芳と歌川国貞の作品から見て取れる、江戸時代(後期?)の文化と、今のポップカルチャーを結びつけつつ紹介するといった感じ。

個人的には、できあがった作品がどれくらいの値段で売られたり(展示品の中には非売品のものもありました)、お給料がどれくらいか、売れっ子の絵師の人と、そうでもない人はどれくらいさがあるかとか知りたい。誰か研究してそうな気がする。

f:id:ikatake:20160919232520j:plain

これは鳥獣戯画の猫が描いてある扇子です。ナイス・センス。(言いたいだけ)

f:id:ikatake:20160919232618j:plain

これはいい感じのブックカバーです。切手の部分は絵ではなくて、貼り付けてあるので、背表紙の切手が剥がれないか心配。ブックカバーにカバーされてる、ブックはこれです。

国家はなぜ衰退するのか(下):権力・繁栄・貧困の起源 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

国家はなぜ衰退するのか(下):権力・繁栄・貧困の起源 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

 

 これは、たまたますれ違ったエヴァンゲリオン新幹線です。

f:id:ikatake:20160918114626j:plain

前日にたくさん、人間と喋って疲れたので、一人で黙々と旅行していて、黙々と展示物を見ていた。入り口で520円課金すると(入館料とは別)、音声ガイドがひたすら喋ってくれて便利。

それでは、さようなら。