いかたけの備忘録

忘れっぽい

読書

住宅に関する本を読んだ。

30代後半になっても住宅というものに関して興味がなさ過ぎる。しかし、知識として知っておいた方がいいと思うので、図書館で本を借りて勉強していた。 家を買いたくなったら 令和版 作者:長谷川高 WAVE出版 Amazon 今回紹介する本の中では一番おすすめです。…

読書感想文「未来のための電力自由化史」

未来のための電力自由化史 作者:西村 陽,戸田 直樹,穴山 悌三 日本電気協会新聞部 Amazon 1983年以降の電力自由化の歴史を振り返って、いかにして2021年の厳冬期におけるLNG需給逼迫、電力の市場価格高騰につながったかを分析している。著者らの認識では、20…

『大企業の誕生 アメリカ経営史』読書感想文

大企業の誕生 ――アメリカ経営史 (ちくま学芸文庫) 作者:A.D.チャンドラー 筑摩書房 Amazon Twitterでフォローしてる人が読んでて面白そうだったので買った。 帯に「なぜ私企業が国家をしのぐ存在となりえたのか」という文言が書かれていたが、特に政府と対峙…

「労働組合とは何か」読書感想文

労働組合とは何か (岩波新書 新赤版 1872) 作者:木下 武男 岩波書店 Amazon 本書は「歴史編」と「分析編」から構成されている。 「歴史編」で欧米の労働組合の成立過程と日本のそれを概観し、差異を明らかにしている。「歴史編」については読み物として面白…

企業組織再編の実像 労使関係の最前線

企業組織再編の実像―労使関係の最前線 (労働政策研究・研修機構研究双書) 作者:学殊, 呉 労働政策研究研修機構 Amazon 企業組織再編の実像 労使関係の最前線 (JILPT研究双書) [ 呉学殊 ]価格: 3850 円楽天で詳細を見る 企業組織再編における労働組合の役割…

読んだ本2021年7月から12月

前回はこれです。 ikatake.hateblo.jp 完訳 7つの習慣 人格主義の回復: Powerful Lessons in Personal Change 作者:スティーブン・R・コヴィー キングベアー出版 Amazon これはネタバレですが、「あなたの葬儀でどういう弔辞を読まれたいか考えましょう」と…

読んだ本2021年1~6月

ヨーロッパ近代史 (ちくま新書) 作者:直隆, 君塚 筑摩書房 Amazon だいぶ前のちくま新書の8割引セールで買った。内容はあんまり覚えていない。 〈脳と文明〉の暗号: 言語と音楽、驚異の起源 (ハヤカワ文庫NF) 作者:マーク・チャンギージー 早川書房 Amazon …

タイミングが良かった読書

だいぶ前にちくまの新書(電子書籍)が80%引きになっていて、大量に買い、電子積ん読になっている。 この間、適当に「百姓たちの江戸時代」を読んだ。 百姓たちの江戸時代 (ちくまプリマー新書) 作者:渡辺尚志 発売日: 2018/12/21 メディア: Kindle版 百姓の中…

今年読んだ本2020

マンガと雑誌は除きます。 簡易生活のすすめ 明治にストレスフリーな最高の生き方があった! (朝日新書) 作者:山下 泰平 発売日: 2020/02/13 メディア: 新書 昔の人がどうやって生活していたのか一端を見ることができる。この本でしか触れられてなさそうな人…

統合軍参謀マニュアル 読んだ

初版が1987年なので書いてあることは、それなりに古い。 書いてあることとしては、米軍とかNATOの組織構成や、作戦を作るときの手順が1つ。 もう1つは参謀の人が務めるときのやること、やってはいけないことが書いてある。これは普通のサラリーマンでも使え…

読んだ。→作って動かすALife

良い所 githubにPythonのコードがあり、自分で設定を触りながら試行錯誤できる。 コードの解説、人工生命の特徴の説明、実生命体との比較がバランス良く解説されている。 最近の研究もキャッチアップされてる(多分)。 人工生命が実現したら…。といった話もあ…

読んだ:柴田勝家「ヒト夜の永い夢」

本流から爪弾きにされた学者達が集まって、メカ天皇を作ったら悪用されそうになるので頑張って止める。といった話。昭和の偉人・奇人・変人たちが縦横無尽にドリーム・マッチを繰り広げる。昭和前半の日本限定のFate/Grand Orderっぽい(FGOやったこと無いで…

読んだ:等級制度の教科書

等級制度の教科書―働く人と組織の価値観に柔軟に対応するために <教科書シリーズ> 作者: 堀田達也 出版社/メーカー: 労務行政 発売日: 2010/08/03 メディア: 単行本 購入: 1人 クリック: 3回 この商品を含むブログ (2件) を見る 渡世の仁義で労働組合の役員…

発達障害について調べていた。

Twitterでたまに発達障害などの話題が流れてくることがあり、今の職場にいる人が発達障害ではないかという気がして、「そういえば発達障害のことをよく知らなかったな。」と思って調べていた。図書館で本を借りて、ガーッと読んでいた。いくつかの図書はscra…

出エジプト記読んだ。

ikatake.hateblo.jp エジプトの偉い人にいじめられているので、出て行って暮らし方までが書いてある。序盤はいじめられていて出て行くシーンから始まる。 エジプトの偉い人がめちゃくちゃ諦めが悪くて、蛙が降ったり雹が降ったりヤバいことが起きまくってい…

2018年下半期に読んだ本

2018年下半期に読んだ本を振り返ります。なお、当方では大変厳しい日々が続いております。 上半期はこちらです。 ikatake.hateblo.jp 生誕の災厄 作者: E.M.シオラン,出口裕弘 出版社/メーカー: 紀伊國屋書店 発売日: 1976/02/01 メディア: 単行本 購入: 2人…

上半期に読んだ本

皆様いかがお過ごしでしょうか。当方めっきり厳しくなっていくと思われます。 今週のお題「2018年上半期」 昨年下半期はこちら。 ikatake.hateblo.jp いち病理医の「リアル」 作者: 市原真 出版社/メーカー: 丸善出版 発売日: 2018/02/12 メディア: 単行本(…

下半期に読んだ本

あけましておめでとうございます。今年も厳しい日々が続くかと思いますが、皆さまよろしくお願いします。 上半期はこちら。 ikatake.hateblo.jp 良いテロリストのための教科書 作者: 外山恒一 出版社/メーカー: 青林堂 発売日: 2017/09/09 メディア: 単行本…

上半期に読んだ本

厳しい日々が続いております。皆さま如何お過ごしでしょうか。 昨年下半期はこちら。 ikatake.hateblo.jp アクチュエータ工学入門 (ブルーバックス) 作者: 鈴森康一 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2014/07/18 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る …

下半期に読んだ本

日々、厳しさが増していきます。皆様いかがお過ごしでしょうか。 上半期は以下。 ikatake.hateblo.jp ところで、この○半期に読んだ本、というタイトルはid:daaaaaaiの読書感想エントリーを参考にして作成したものです。最近は彼の読書感想エントリーが中々書…

上半期に読んだ本

遅くなりました。昨年下半期はこちら ikatake.hateblo.jp 世界の終わりの七日間 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ) 作者: ベン H ウィンタース,Ben H. Winters,上野元美 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2015/12/08 メディア: 新書 この商品を含むブログ (1…

昨年度に読んだ本

昨年度は電力自由化関係の仕事をしていました。今年度はどうなるのやら。とりあえず読んでいた本を置いておきます。 本 精神論ぬきの電力入門 (新潮新書) 作者: 澤昭裕 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2012/08/14 メディア: 単行本 クリック: 16回 この商…

下半期に読んだ本

上半期はこちら ikatake.hateblo.jp 電力の鬼―松永安左エ門自伝 作者: 松永安左エ門 出版社/メーカー: 毎日ワンズ 発売日: 2011/09 メディア: 単行本 クリック: 1回 この商品を含むブログを見る 電力関係では有名なおっさんの話(自伝)。第1部が自伝で、第2部…

上半期に読んだ本

人民の戦争・人民の軍隊 - ヴェトナム人民軍の戦略・戦術 (中公文庫) 作者: ヴォー・グエン・ザップ,眞保潤一郎,三宅蕗子 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2014/10/23 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (2件) を見る こういう意気込みでやりまし…