読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いかたけの備忘録

忘れっぽい

HyperThreadingの使用による温度と演算速度の変化

[試験]HyperThreadingの使用による温度と演算速度の変化
Pentium4HyperThreadingを使うか使わないかで、温度と処理速度にどの程度影響が出るのか調べてみました。

1.温度測定
PC起動後、午後のこ〜だの耐久ベンチを20分走らせたあとの温度をIntel Active Monitorで測定。
結果
HyperThreadingあり(Enable)
CPU温度=58℃、System Zone 1温度=37℃、System Zone 2温度=45℃
HyperThreadingなし(Disable)
CPU温度=54℃、System Zone 1温度=35℃、System Zone 2温度=42℃

2.処理速度測定
円周率計算ソフトSUPER_PIを2つ起動し、それぞれ838万桁まで計算。
SUPER_PIを2つ起動するのは、並列処理での計算能力を見るため。
結果
HyperThreadingあり(Enable)   1632秒
HyperThreadingなし(Disable)   802秒


[備忘録]環境
CrystalCPUIDが一瞬で出してくれました

                                                                                                                              • -

CrystalCPUID 4.13.1.341 (C) 2002-2007 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/

                                                                                                                              • -

OS : Windows XP Professional SP2 [ 5.1 Build 2600 ]
Date : 2007/08/13 0:28:40

CPU Name : Intel Pentium 4 HT (Northwood)
Vendor String : GenuineIntel
Name String : Intel(R) Pentium(R) 4 CPU 3.00GHz
Architecture : x86
Process Rule : 0.13 um
Platform : Socket 478 [2]
CPU Type : Original OEM processor [0]
Number (Total) : 1
Physical Core : 1
Hyper-Threading : 2
Current Original
Clock : 2992.76 MHz 3000.00 MHz
System Clock : 199.52 MHz 200.00 MHz
System Bus : 798.07 MHz 800.00 MHz
Multiplier : 15.00 15.00
Data Rate : QDR
Over Clock : -0.24 %

L1 T-Cache : 12 KuOps
L1 D-Cache : 8 KB
L2 Cache : 512 KB [Full:2992.76 MHz]
Memory : 3055 MB