いかたけの備忘録

忘れっぽい

観た:「バイス」

同時多発テロからイラク戦争ぐらいでアメリカの副大統領をやっていた、ディック・チェイニーの映画。酒浸りになって大学を退学したチェイニーが彼女(後の奥さん)の説得で奮起して出世していく。サクセスストーリーだと思って観ていると、どんどん権力の虜みたいになっていくので怖い。

後半はどんどん都合の良いように法や国際条約の解釈を曲げ、メディアを操り、悪人要素が増える。どんどん悪い顔のオッさんだらけになる。なお、タイトルの"Vice"が「副~」と「悪徳」で掛かっており、タイトルから既に面白い。


『バイス』4.5(金)公開/本予告《本年度アカデミー賞受賞!》

良かった所

  • ブッシュ政権の閣僚を役者さんが演じてるんですが、めちゃくちゃ似ている。ブッシュとかもうブッシュにしか見えない。
  • ニュースの映像と役者さんの演技している場面と謎の人物の解説が素早く切り替わり、リズムが良い。謎の人物については後半で明らかになる。
  • 最初の字幕で"Fucking ~~"と書かれていたり、やたらFuckとか言ってる。Wikipediaによると本人の口癖っぽい。

ja.wikipedia.org

  • 口癖は『fuck』やそれに類する表現であり、議会で激高して叫んだ姿がテレビ中継にものったことがある。

 

観た:「ライズ ダルライザー NEW EDITION」

福島県白河市ローカルヒーローの映画。東京で役者をしていたけど、地元に戻ってきた人がヒーローを考える。地元でヒーローとして活動していくなかで、街にうごめく陰謀に巻き込まれていって…。といったストーリー。

ダルライザーはダルマがライズすることから、諦めずに立ち上がろうといった意味。敵となる組織はダイスと名乗っていて、丸いダルマと直方体のサイコロが対になっている。

元々は白河市の映画館で上映していたものが、最近は京都と大阪でも観れるようになった。新幹線に乗って白河市まで観に行かなくても観れるので圧倒的にお得。

www.dharuriser.com


映画『ライズ ダルライザー -NEW EDITION-』予告編

良い所

  • 変身するわけではなく、衣装なので特殊能力とか一切無い。普通の人。ひたすら徒手空拳。
  • ダイス(敵の人たち)も愛郷心があって活動しており、憎めない所がある。
  • ヒーローとして出始めの頃に出演したTVのフリップにスペルミスがあるといった、芸が細かい。

(ネタバレっぽいので隠します)

続きを読む

観た:「名探偵ピカチュウ」

meitantei-pikachu.jp

観た。CGすごい。4DXで観たけど、なくても良さそう。

良い所

  • ピカチュウが可愛すぎる。毛並みが凄い。撫でたい。
  • ポケモンがリアルに居るようなに感じられる。違和感が無い。
  • 事件のトリックにもポケモンが使われていて面白い。

 

読んだ。→作って動かすALife

良い所

  • githubPythonのコードがあり、自分で設定を触りながら試行錯誤できる。
  • コードの解説、人工生命の特徴の説明、実生命体との比較がバランス良く解説されている。
  • 最近の研究もキャッチアップされてる(多分)。
  • 人工生命が実現したら…。といった話もあり、SF好きにもオススメできる。
作って動かすALife ―実装を通した人工生命モデル理論入門

作って動かすALife ―実装を通した人工生命モデル理論入門

 
 

 

バッカス係数

バッカス係数:【家計・指標】一定期間、一世帯毎における支出のうち、酒類購入費および飲酒を伴う交際費の比率のこと。飲食費の割合であるエンゲル係数、養育費の割合であるエンジェル係数と同様の指標である。ローマ神話の酒神バッカスから名付けられた。

なお、先述の飲酒を伴う交際費のうち、食費と重複する部分が有るか、無いか、有るとする場合の比率については諸説あり、一致した認識を得るには至っていない。このことから、ある家計と別の家計のバッカス係数を単純に比較することが容易ではなく、他の指標ほど一般に普及していない。

vitalarea.jugem.jp

gentas.exblog.jp

blog.livedoor.jp

読んだ:柴田勝家「ヒト夜の永い夢」

本流から爪弾きにされた学者達が集まって、メカ天皇を作ったら悪用されそうになるので頑張って止める。といった話。昭和の偉人・奇人・変人たちが縦横無尽にドリーム・マッチを繰り広げる。昭和前半の日本限定のFate/Grand Orderっぽい(FGOやったこと無いですが)。

北 v.s. 南の構図はきっと南北朝のメタファーで、南朝が認められない(異端)という気持ちがあるのでは(推測です)。

https://twitter.com/marumizog/status/1114028474254028800

ヒト夜の永い夢 (ハヤカワ文庫JA)

ヒト夜の永い夢 (ハヤカワ文庫JA)

 
ヒト夜の永い夢 (ハヤカワ文庫JA)

ヒト夜の永い夢 (ハヤカワ文庫JA)

 
続きを読む

読んだ:等級制度の教科書

等級制度の教科書―働く人と組織の価値観に柔軟に対応するために <教科書シリーズ>

等級制度の教科書―働く人と組織の価値観に柔軟に対応するために <教科書シリーズ>

 

渡世の仁義で労働組合の役員をやっているが、人事の話について何も知らない事に気がついた。このままでは今後、会社側の人と話の通じない可能性があり、困る。ちょうど良さそうな本があったので読んでみることにした次第。タイトル通り教科書なので、網羅的でわかりやすく、読んで良かった。年度初めの目標を決める時期で、目標管理制度についても理解できたのがタイミング良かった。

以下、読んでいたときのメモです。

続きを読む